人生

M. F. ギュレン先生は「ホジャエフェンディ」とも呼ばれて、非凡の学者である。彼はトルコ東部のエルズルム市で1941年に生まれた。エルズルムの宗教学校を終えた後、彼は説教者および教師としての免状を得た。彼は私立学校を開くよう人々を導きトルコの教育の改善のために貢献したが、それに加えて、社会における相互理解と寛容の為に熱心な努力を続けたということでも評価されている。1960年代に始まったこの社会の改善のための努力は、彼をトルコで最もよく知られる人物の一人とした。社会問題解決と人々の精神的なニーズを満たすための、彼の疲れを知らない献身によって、世界各地に多数の支持者がもたらされた。

素朴な外見に対し、彼はその思想と行動の点で斬新であった。彼は全ての人々を対象とし、また不信心と不公正さ、逸脱を強く憎む。彼の信仰と感情は心からのものであり、彼の思考と問題解決のためのアプローチは知的で、理性的である。愛情と熱心さ、感情の生きたモデルとして、彼はその思想や行動や問題の扱い方において非常に均衡の取れた人である。

表示数
タイトル 作者
経歴 fgulen.com
年表 fgulen.com
風刺画の遺恨と我々の態度 fgulen.com
「フェトゥフッラー・ギュレン師のローマ法王ベネディクト16世の、レーゲンスブルグ大学での講演におけるイスラ-ム教への発言に関しての声明」 M.F.ギュレン