不正

常に不正を働く者たちは、誰も干渉しなかったとしても、いつの日か必ず、自らの不正で躓くことが宿命づけられている。そう、悪の道は遅かれ早かれ、悪に攻められ滅亡するという地点に至るのだ。

災いは、持続的に見られたとしても、それは一時的なものである。寿命が尽きれば、それらも、他の物事のように死に、去っていく。ただ、時には私たちの人間としての価値をも奪い、一緒に持ち去ってしまう。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。