女性

子どもたちの教育やしつけ、家庭の秩序、安定、道徳において、人間の学び舎の最初の教師は女性である。女性からより様々な仕事を求める現在において、もう一度、力の持ち主である主が、女性に与えられたこの特別な役割を認識しなおすことが、こうした不適当な要求を防ぐものとなるだろう。

清廉で教養があり、家庭を大切にする女性がいる家は、天国の一画のようである。そこで聞かれる声、息遣いは、フーリ(天国にいる女性)、グルマン(天国で奉仕する若者)の声、天国の川のせせらぎの音そのものである。

外見上の装飾に押しつぶされたような女性を見ると、人は時として、「女性の内面的な飾りである純潔さ、貞節、徳といったものにも、これ位重きを置いているのだろうか。」と考えてしまう。

女性を、天使よりもなお崇高なものとし、比類ないダイヤのような状態にするものは、女性の内面的深さ、清廉さ、そしてその尊厳である。その純潔さが問題視されるような女性は、偽造されたコインのようであり、品のない女性は嘲笑されるべき操り人形のようなものである。このような女性のもたらす空気からは、健全な家庭も、健やかな次世代も期待できない。

その内面世界と共に、徳に目覚めている女性は、彼女がいる家において、水晶のシャンデリアに似ている。彼女のあらゆる動きによって、家中に灯りがもたらされる。内面世界において暗い思考に従ってしまっている女性は、霧や煙の源であり、どこへ行ってもそこを穢す。

女性が常に手元に置き、読むべき唯一の本は、社会的教養の本であるが、今のところ、完全に書かれているものがあるとはいいがたい。

自らを、我欲への執着で包みこんでいる女性を見ると、「女性の理性は狭いものだ」と語った人々に対し、私は寛容になる。このように語った人々は、現代の、広告に利用されているような状態を見て、いうべき言葉を見つけられないであろう。

古人は、「女性の手にある針は、戦士が手にする槍のようである」といったが、実際私は、この言葉には誇張はないと見なしている。

女性が、他人のための快楽の品、楽しみ、コマーシャルの材料となる時代は、決して少なくない。これらの不幸な時代はそれぞれが、女性の復活と自己の再発見のための始まりとなった。

昔は、息子を「マフドゥム」と、娘を「ケリメ」と呼んだ。この言葉は「瞳」と同じ意味をもつものである。これは、とても大切で、また欠かせないものであり、同様にこの上なく繊細な存在であるということを示しているのだ。

「服のすそが埃や泥で汚れないように。」と私たちは言う。しかし、瞳である女性が守られ、大切にされることがどれほど大切か、私たちは理解できているだろうか。

徳のある女性を飾るのが、目に見える貞節と清廉さであるように、社会的教養と夫に対する誠実さが、最も評価されるべき、驚嘆に値する点である。

よい女性は、話すことに知性を感じさせ、その精神には繊細さと品のよさ、振舞いにおいては周囲に敬意を払う。その崇高さを直感させることにより、人間によってもたらされる内面的苦痛を警告や熟考へと変える。

肉体的に成熟しているのに、心や魂の種を発達させることができないでいる女性は、ある程度は花に似ているかもしれないが、あっという間に色あせ、枯れてしまい、葉を落とし、踏み潰される存在となってしまう。永遠への道を見出せない者の結末はなんと悲しいものであろう。

女性は、傷つけられ、汚水に捨てられるべきではない、尊い鉱石である。将来の、知識や閃きや真実に目覚めた世代が、女性を瞳のように大切に扱うであろう、という希望を、私はまだ捨ててはいない。

女性たちは、私たちの国家の誇りや名誉の最も確かな礎石である。私たちの、あの長く続いた幸福な過去の時代の形成において、女性たちの果たした役割は、敵たちと戦った戦士たちに決して劣らない。

女性たちの世界の権利や自由を叫ぶ人々の多くは、女性たちの世界を物質的な快楽へと走らせ、その魂を切りつけること以外に何もなしえていない。

魂が成熟した女性は、彼女が育て、残したすばらしい後継者のおかげで、その家庭は常に香炉のように湯気をあげ、心地よさを与える香りを醸し出す。この芳香が絶えず漂う気高い場所は、あらゆる定理、力を超越する、まさに天国の庭である。

心を信仰の光で、頭を知識や社会的教養で輝かせる女性は、その家を日々新たに造っているかのようで、そこに新たなすばらしい境地を開く。未熟で、自らを見出せていない女性は、既成の家庭ですら壊し、戦場に、墓場にと姿を変えさせてしまう。

女性は、汚れた器、価値のない石のかけらではない。同様に、その居場所も、汚れた器や価値のない石ころがあるような場所ではない。女性は比類なきダイヤであり、螺鈿に飾られた宝石箱で守られるべきなのである。

女性は、その繊細さ、細やかさにおいて特別な地位を占める。その特性によって、女性は自らの天性のあり方、性分のままに振舞うことによって、家庭に、またそれによって社会に、益をもたらすことができる。

今日まで、フェミニストたちが女性について主張してきた提案は、女性を粗野にさせ、立場を落とし、変質させてきた。しかし女性は、存在の鎖の中の非常に重要な輪であり、その重要性は本来のあり方である、ということにおいて最大限となるのだ。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。