孤独

孤独であるという思いは、心を永遠の生に向けて備えることができず、その精神において無限という概念が発酵することのない、哀れな人たちの不治の苦しみである。信仰によって感情が立ち上がり、魂が存在の真のあり方を見る瞬間までは、その悲観主義の、霧に覆われた雰囲気から救うことは不可能である。また、あらゆる被造物と抱擁を交わし、あらゆるものと親友、友となることも不可能である。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。