詩集

季節はめぐり、気がつくと春、
薔薇のつぼみが開き、ナイチンゲールがさえずり、あたり一面チューリップの花園。

かぐわしい香りで息づく色とりどりの花々、
暖かさに誘われめぐりまわる鳥や虫たち・・・

木々は空へと聳え立ち、風たちは木々を抱擁しながら通りすぎ、
風たちの旋律にあわせ、万物は踊りとびまわる。

季節はめぐり、気がつくと春、
薔薇のつぼみが開き、ナイチンゲールがさえずり、あたり一面チューリップの花園。

かぐわしい香りで息づく色とりどりの花々、
暖かさに誘われめぐりまわる鳥や虫たち・・・

木々は空へと聳え立ち、風たちは木々を抱擁しながら通りすぎ、
風たちの旋律にあわせ、万物は踊りとびまわる。

死さえ希望で微笑むこの場所で、
春は天国の周りの透き通るような薄いカーテン。

このカーテンをくぐりぬけ魂は永遠(なるもの)と結ばれ、
この地で人は全霊、来世のものとなる。

 

表示数
タイトル 作者
なんとなろう M.F.ギュレン
民の心 M.F.ギュレン
胸に秘められたアザーンの響き M.F.ギュレン
秋の宴 M.F.ギュレン
希う道 M.F.ギュレン
おお、預言者よ M.F.ギュレン
知る M.F.ギュレン
M.F.ギュレン
なにも(あなたの他に何もない) M.F.ギュレン
どうか、あなたのしもべを、独りにさせ給うな M.F.ギュレン
この世 M.F.ギュレン
たどり着く M.F.ギュレン
すべてはあなたから M.F.ギュレン
我が主よ M.F.ギュレン
マディーナの薔薇 M.F.ギュレン
春のうた M.F.ギュレン