人生の指針、道を照らす灯り

信仰する人には、その信仰を行動の基盤に置くことが必要条件となる。信仰と実践が人の感情を抑えるようになると、その態度をも方向付けるようになる。

犯した罪がその人自身を不快にするのであれば、その人は、罪と善行を区別することができる、ということである。

成功の敵は豊かさやぜいたくである。ムスリムにとっての成功は、特殊部隊のように質素に生きることによってのみ可能である。

卵やヒナがたくさんあるならば、決してそれら全てを同じかごに入れてはいけない。

表示数
タイトル 作者
M.F.ギュレン
若者 M.F.ギュレン
道徳 M.F.ギュレン
両親の権利 M.F.ギュレン
人間 M.F.ギュレン
口を慎むこと M.F.ギュレン
教育 M.F.ギュレン
人間性 M.F.ギュレン
自由 M.F.ギュレン
安楽への執着 M.F.ギュレン