心を知る

騎士道精神と定義されるフトゥッワは、寛容、寛大、慎み深さ、貞節、信頼、誠実、慈悲深さ、知識、謙虚、敬虔さなどという様々な美徳の合わさったものと言えるでしょう。これは信仰の深い人の持つ性質であると同時に、アッラーへの道における状態の一つであり、生来の性質とは別に、利他精神や他人を助けることを自分の性質とした人を意味します。これは善行の重要で不可欠な側面であり、人間らしさの重要な側面でもあります。

ファタ(若者)という言葉から派生して、フトゥッワは、すべての悪に対して反抗することや、アッラーの誠実なしもべであるために努力することの象徴となっています。

『われはかれらの物語の真実をあなたに語ろう。かれらは主を信じる青年であったから、われはなお一層かれらを導いた。われはかれらの心を引き立て、かれらは起き上がった時言った。「わたしたちの主は、天と地のEQ (あるじ),主)である。わたしたちは、かれを差し置いて如何なる神にも祈らない。(もしそうしたら)本当に無法なことを口にすることにもなる。」(聖クルアーン洞窟章18:13-14)』この節はそれをよく表しているでしょう。

表示数
タイトル 作者
カルブ(心・心臓)-1 M.F.ギュレン
ハール(Hal「状態」)とマカーム(Maqam「階梯」) M.F.ギュレン
独居と隠遁(ハルワ[Halvet])と(ウズラ[Uzlet])(独居と隠遁) M.F.ギュレン
フィラールとイティサム(避難と保護) M.F.ギュレン
タファックル(熟考) M.F.ギュレン
ムハーサバ(自己批判・自問) M.F.ギュレン
ソーフィ M.F.ギュレン
スーフィズムの起源 M.F.ギュレン
「スーフィズム実践の鍵」 M.F.ギュレン
フズン(悲しみ) M.F.ギュレン
カルブ(心・心臓)-2 M.F.ギュレン
ハウフとハシャ(畏怖と崇敬) M.F.ギュレン
ラジャ(希望・期待) M.F.ギュレン
ズフド(禁欲主義) M.F.ギュレン
タクワ(敬虔さ) M.F.ギュレン
ワラア(自制) M.F.ギュレン
イバーダ、ウブディヤ、ウブダ(崇拝、しもべであること、深い信仰) M.F.ギュレン
ムラーカバ(自己監督) M.F.ギュレン
イフラース(誠実さ、意思の純粋さ) M.F.ギュレン
イスティカーマ(まっすぐであること) M.F.ギュレン
タワックル、タスリム、タフウィズ、(信頼、服従、献身、確信) M.F.ギュレン
フルク(良い性質) M.F.ギュレン
タワドゥ(謙虚さ) M.F.ギュレン
フトゥッワ (騎士道精神 ) M.F.ギュレン
シドゥク(正直さ・誠実さ) M.F.ギュレン