真実のしずく 8

夜の驚嘆の果実を味わうことのない人は、他者を長い期間養っていくことはできない。

天国は、アッラーの人々への愛情のしるしである。

神に至るためのブラーク(預言者ムハンマドがミアラージュの際にそれに乗られ天に昇られた乗り物)とは、イフラースである。

バラにすらとげはある。人がバラの香りを感じることなくとげにこだわるのは、いくらかは彼自身の魂にあるとげのせいである。

苦しみは、一方では非常に重要なドゥアーであり、また一方では人を行動に移させるとても力強い発電機である。

マァリファ(アッラーをその特性や美名と共に知ること)へと至る道は、理論においては知識、実践においては崇拝行為を通っている。

クルアーンは、ただアラビア語をよく知っている人たちではなく、同時にアッラーとの結びつきが強い人たちが理解する。

大きな意志を持つ人たちの、行動における不足を理解することは不可能である。

良い徳によってのみ到達できる地位が存在する。

文章の中でとどまってしまい、実際に現れる部分に浸透してこない知識のかけらは、何の役にも立たない。

真の信者とは、同時に、許すことのできる人でもある。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。