約束

1000回約束をするよりも、1回約束を守る方がよい。

約束を守ることは、人であること、そして人々の価値を知ることからくる必要性である。

安定なく彷徨う基盤の上では何もなされない。同様に、落ち着きなく彷徨(さまよ)う人も何かを成し遂げることはない。

約束を守ることへの注意深さは信仰から、約束を守らないことは信仰が本物でないことから生じるものである。

一部の人々は一生を通して、彼らの良心でなされた約束を守るために努める。一部の人々はこのような約束を知らないまま過ごす。そう、この点で信者と偽信者は区別されるのだ。

彼は約束したのに守らなかった、と言わずに、自分が約束したのに守られなかった事ごとについて考慮しなさい。人間らしく振舞わなかった、と誰かを非難してはいけない。あなたが人間らしく振舞うべきなのに逃してしまった機会を思い起こしなさい。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。