美徳

美徳は、仲間のうちにあってマットや床に腰をおろします。うぬぼれは、巨大なソファにすら収まることができません。うぬぼれは、モスクのドーム型天井のような外観を持つ、逆さにされた井戸に例えることができ、美徳は地平線に下りているかのように見える天球に例えることができます。

無知はうぬぼれに、英知は美徳に、人を導きます。うぬぼれは、無知の不義の子であり、美徳は英知の由緒正しい子息です。うぬぼれは暴政の味方となり、美徳は自由と平等の支持者となります。

うぬぼれは常に孤独のうちにあり、同類を探しています。美徳は同類を見つけたという安らぎのうちに、いつでも仲間と共にあります。

「強制によってよいものはうまれない。」といわれますが、それは事実です。立派なものも、強制によってはうまれません。これらは二つとも、良心が定めるものです。

一部の人々にとって、自分たちのことを気に入る人々が「楽観的」気に入らない人々は「悲観的」と見なされます。彼らは、前者を評価し、心を開きますが、後者は遠ざけます。実は、遠ざけられなければならないのはこの「自己中心主義」なのです。

楽観主義は、全てをよく見なし、悲観主義は全てを悪く見なします。これらは双方とも有害です。よいものはよいと、悪いものは悪いと見なすことが、「真実を見出す主義」なのです。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。