魂は未来を知ることができるか

1.未来に関する予言は、アッラーがお知らせになることによってなされるものである

未来に関する知識を与えうるのは、何よりもまず未来である。時というものは、未来においてそれが示すであろうもの、それがもたらすであろうものに関して最も信用できる使者である。人はそれを体験する前に、体験するであろう出来事や事柄を体験することはできないし、体験していないことについて真実を知ることはできない。だから、過去の記録は多くあるが未来に関する記録というものは一切存在しない。未来に関しては、実現するかどうか定かではない予想や想像をするのみである。

しかし、当然ながらアッラーの知識においては状況は全く異なる。アッラーがご存知である事項において、過去も現在も未来もなく、これらは皆互いに重なりあった一つの点のようである。だから、未来に関して予想や想像ではなく、確実で明らかな形で「こうなるだろう。あなたがたは見るだろう」と語られ、そしてそのように語られたことは皆実現した。実現したのであれば、それはただアッラーが知らされたという形でのみ解釈されえるのである。

2.時と空間を超越することは、心と魂の生の段階に達することで可能になる

時間と空間を超越することは、時間と空間の拘束をうけない魂によってのみ可能となる。なぜなら魂は、時間と空間の世界ではなく、命令世界(訳注4を参照)に存在するのであり、それ自体と同様、その覆いや衣装までもあちこちに送り出し、同化させることができる。さらに、時の境界、空間という牢獄、物質の雑踏の拘束を受けない自由で、同時に透明で優美な存在であることから、将来起こるであろう出来事も、その視界にはまた異なる形で映されるのである。人が、肉体の拘束から逃れ出て、精神的、霊的な生を生き、その魂を発達させ、開放させ、異なる世界と結びつきが持てるように少々努力をすれば、こういったことの実現の助けとなるだろう。

3.預言者たち、聖人たちは、その知識をアッラーにお任せするという形で、未来に関して知らせをもたらした

聖人(ワリー、アッラーの友)[i]と呼ばれる人たちは、その知識をアッラーに託すという形で、未来に関する知らせをもたらした。まず、この世界の長であられ、名誉であられる預言者ムハンマドのこの種の知らせが多くある。そう、このお方は、最後の審判の日までに起こるであろうことごとを、テレビの画面でごらんになっているかのように、ウンマに紹介された。正統カリフ時代末期における第四代カリフのアリと教友のズバイルの事件(アル・ジャマルの戦い)、第三代カリフのオスマンの殉教、預言者の娘ファーティマの死、これらはこのお方が告げられた多くの出来事のうちのほんの一部である。

この種の知らせのうち一部は明快で、解釈を必要としないほど明らかである。一部においては、クルアーンの比喩表現からの解釈によってのみ、その真実に達することができる。また一部はただ真実に至った人々のみが理解できるものである。アッラーに愛され給う人が、これらを基にして行なう解釈や、それによって到達する判断や知らせといったものは、聖クルアーンや預言者ムハンマドの慣行や説明、もしくは預言者の光がもたらす忠言のもと、自らの心や精神世界に流れ込んでくるインスピレーションによるものとなる。これらはどれも、預言者ムハンマドの幽玄界に関する知識から、心の器の大きさに応じていかほどかを満たし、いくつかの真実に至る。

聖人たちは、未来に関する真実を見出す際、時にはその感覚をうまく調整できず、結果として完全に確定することができない。時には出来事をシンボルの形で見る。アッラーは彼らに、こういったものの解釈の知識を与えられず、解釈や解説において彼らは間違うこともある。彼らは解釈に関して何かを表明するが、アッラーが意図されたことは別である。これはちょうど夢の解釈と同様である。

例えば夢でりんごを見て、「アッラーは我々に恵みを与えられるだろう。物質的、精神的な喜びを味わうだろう」とあなたは解釈する。しかしりんごが、象徴する真実とは、欲求、意欲が高められるということかもしれない。あるいは夢で天使ジブリールが家に入ってくるところを見て、神聖な息吹、恵みや糧が訪れるだろうと期待する。しかしそれは、偉大な誰かの魂があの世に招かれるということの象徴かもしれない。この点では多くの例が挙げられるだろう。

聖人たちにとっても状況は同じである。未来に関して受け取ったシンボルを解釈するが、その解釈は正しく出されないことがありえる。物事を種の状態で見て、その解釈はその種が木になったとして行ない、そこで過ちを犯しえる。この過ちは預言者たち以外の誰にでも起こりえる。

預言者たちが同様の過ちを犯しえる場合には、あらかじめアッラーがそれを正される。なぜなら預言者たちはそのウンマにとって完全に従わなければならないリーダーなのであり、もし誤りが即座に正されなければ、その過ちがウンマ全てに及んでしまうからである。

目を創造され、限りはあるとはいえ、移動できる世界を創造されたアッラーは、当然、目の支配者である魂にも、その世界に応じた旅路を行かされ、それに、物質を超越した世界特有の例や、シンボル、標識、そして未来に関するページをお見せになられるのである。

ムヒッディン・イブン・アラビー(一一六五~一二四〇、スペイン)は、オスマン帝国の創設より一世紀前に生きた人である。それにも関わらず、エディルネ市のセリミイェ図書館にある、エフラニーによって翻訳された「シェジェラトゥン・ヌーマーニッヤ」という書物の中で、オスマン時代に起こる多くの事件をそのとおりに告知している。オスマン帝国の創設から、ダマスカスとエジプトの征服、セリム一世(一五一二~一五二〇)のダマスカスへの進攻によって自らの墓が見つかるだろうということまで、多くの出来事を象徴化された形で記述している。同じ書物には、ハーフズ・パシャが九ヶ月の包囲にも関わらずバグダッドを征服できないこと、その征服が四十日間でムラッド四世によって成し遂げられることなどが語られている。本人が生まれる何世紀も前に、スルタン・アブドゥル・アズィズが殺害されることを告げている。ムヒッディン・イブン・アラビーはこの書物の中で日露戦争にも触れ、同様にイスラーム教徒たちが敵と戦い、勝利を得ることについても書いている。トルコ人についても「トルコ人たちには勝利と幸福がある」と語っている。

ビトリス出身のムスタファ・ムシュタク・デデは、彼の詩集で、アンカラが首都とされることをその七十年前に記している。詩の行末の文字をオスマントルコ語の形で並べるとアラビア文字のアリフ・ヌーン・カーフ・ラー・ハーとなってアンカラを示し、同様に、この出来事が戦争の結果として実現するであろうこと、アンカラにお墓のあるハジュ・バイラム・ワリーのことを述べることによっても、アンカラが首都とされることが非常に明らかな形で示されているのである。

メヴラーナ(一二〇七~一二七三)は、七百年前に「とても小さな生命体を見ることができる。口を持っていて、ものを食している」と語り、細菌を示している。

20世紀のあるクルアーン解釈者は(サイード・ヌルシー)、ある覚書により、一九七一年に軍隊がトルコの政権に影響を及ぼすことを告げている。「いつなのか」と尋ねられると「三月十二日」と答えていた。この同じ人物は、一九八〇年の軍の作戦についても触れているとされている。[ii]

聖人のこういった未来に関する知らせを、どういった物理学的真理、どのような原子の法則によって、あるいは目や脳によって、説明付ける事が出来ようか。出来はしないのだ。この種の出来事は、未来に届くことのできる魂が、アッラーのお助けとお許しを得て、予め知ることが出来たとする以外、他の何かで説明することは不可能なのである。

テレパシー(千里眼)の一分野としての予知は、予言者、霊媒、そして占いを行なう不信心者にも起こりえる。この件に関しては、世界中の書物に無数の例が記されている。

例えばアメリカの書籍では、マダム・ギブソンと呼ばれる女性が、長年、世界の出来事を含む非常に多くのことを予言していることを紹介していた。この女性は、ケネディ暗殺、インドとパキスタンの分裂、アルバイ州がパキスタンにとどまることなど、これらのことが実際に起こる何年も前から予言している。この女性は聖人ではない。しかし、アッラーのお許しの範囲内で、幽玄界から知識を得ているのである。一部の魂はこういう状態に適合している。彼らは無意識の状態になり、独特の行動をとり、語り始める。幽精(ジン)でも、天使でも、あるいはけがれた魂であれ清らかな魂であれ、物理的、物質的なものを超越したところで接触し、知らせをもたらす。全ての真実を物質にのみ求めようとする人、いつでも「自然の摂理」と主張する人は、今日自らの発言と共に崩壊しつつある。魂は、どこであってもその存在を守りつづけているのだ。

4.予感、テレパシー、第六感

全ての人に、近い将来もしくは遠い未来に起こるであろう出来事を前もって感じることは多少なりともあるものである。誰かのことを考えていると、数分後その人があなたの家のドアをたたく。頭に浮かんだことを、他人がすぐに実現する。距離を隔たところにいる人と、どうやって、何によって、どんな無線や電話で連絡を取り合っているのだろう。先にも触れたように、自我との会話を行なう存在が魂なのであるのと同様、この結びつきを構成するのもまた、魂以外の何ものでもない。これを物質面から解明することは不可能なのである。

5.アッラーは、アッラーへの近しさに到達した人の目、耳、手となられる

共産主義時代のロシアですら、テレパシーと関わっていた政府機関の研究者がいた。最初に「精神を物質によって死刑にした」と宣言した国であるにも関わらず、当時のロシアは、おそらくは資本主義国家よりも前に、テレパシーによる通信の可能性を探ってきた。二十人乃至五十人からなる生物物理学者たちの一団が、このテーマにおいて多くの実験を行なってきた。彼らは三百キロ離れた地点にいて、電気や灯りから隔離された人と交信する手段を探ろうとしている。傍受される危険を冒さずに、海中においても同じように、物質や肉体を超越した力で交信する方法を探っているのである。彼らが目標としているのは、三千キロ離れた地点にいる人物と話し、三十~四十ページ分のメッセージを受信し、向こうにいる人物が口述するものを、こちらにいる霊媒を媒介として同時に受け取ること、結果として捕らえられるリスクがなく、費用も関らないスパイ組織を構成することである。

そう、このテーマは、最も物質主義者である人々においてすら、これほど認められ、重きをおかれているのである。ロシア人がこのテーマに重きを置こうと軽視しようとどうということはないかもしれないが、この事実は次のことを示しているのだ。すなわち、預言者たちの奇跡、聖人たちの驚異、魂の感覚といったものを否定することはできないということである。つまり、この奇跡的な出来事のうちほんの一つであれ、今日において人々の関心をひき、認められているのであれば、もはやこうした奇跡に背を向けることは不可能であるということだ。大学の講堂で、教室で、知識人の集いで、そこに参加している誰かが聖人たちの驚異や予感などについて見間違いだといって否定することは今後はするべきでない。この時代、機械物理学の壁は音を立てて崩れ始めており、物理学は古い法則において崩壊しつつあるのだ。

近い将来、物理学と自然が、もともとそれらを超越していた力の支配を受けるのを我々は目にするかもしれない。自然的なものは、精神と力の前に屈服し、おもちゃのように利用されるだろう。物質を自らの型のなかに押し込み、その能力を超えた業をなさせるであろう。そう、物質においては、魂や天使、物質を超越した力が支配的なのである。魂が本質なのであり、物質は従属するものなのだ。そしてこの繊細な覆いと、物質の背後にあるものは、その地位に拘束されない魂によって観察され、魂は全ての物事の真髄、内面を読み取るのだ。

今日、全世界で受け入れられているテレパシー、遠方との交信、未来からの知らせといったような出来事は、そもそも前から私たちのうちではよく知られているものだった。しかしある時代においては、私たちはこういった出来事について「聖人の驚異である。偉大な魂が見出すのである」と言っては迫害されていた。「これは、聖人が人の心を読んでいるのだ。心に浮かんだことを言い当てているのだ」と話す際には、からかわれないようにと恐れていた。さらには「これは聖人と、他の聖人の内面との交流の現れである。二つの魂が接触し、お互いに交信しているのだ」といっては軽んじられたのである。現在、多くのことが変化し、信仰を持たない人々さえ、こういった出来事を話題にしている。本や雑誌でこういったことが取り上げられている。崇高な道を極める聖人にとって、聖人としての道程の最初の段階は、墓場の様子を知ることとなる。墓のもとを訪れ、必要であるならそこに埋葬された人の状態を語る。あるいは、この世界の全く別の地点で起こっている出来事、例えば船が沈みかけていることなどを語る。

聖人たちの語ることは、テレパシーとは無関係である。例として、私が子供のころに目撃した、おそらくは百ほどの出来事から一つ二つを語ろう。

ある時、あの尊敬すべきムハンマド・ルトゥフィ師(一八六八~一九五六)をお訪ねした。白内障を患って、完全に失明されておられた。私のそばには他にも何人かいた。師がズィクルを行われている所(修道場)に我々はやってきた。扉の一つの隙間からスイカが見えていた。それで私たちはスイカが食べたいな、と感じていた。

彼は私たちをご覧になっていなかったし、私たちが来たという知らせも受けておられなかった。そもそも彼が見るということは不可能なのだ。なぜなら彼は失明しておられたのだから。

師はすぐ扉を開けられた。挨拶をされ「中に入りなさい。私は某を呼んで、あなた方のためにスイカを運ばせ、切らせよう」と言われたのだった。

金銭的に困難な状況にあったまた別のある時、私は数人の友人と師を訪ねた。彼に挨拶し、腰をおろした。私の状況を打ち明けることは私にはできなかった。師のそばには数人の裕福な人がいた。師は次のように言われた。「私はこの生徒に、アラビア語の本からいくつかの質問をしよう。もし彼が答えられたら、皆彼に十リラずつ与えてほしい」

この出来事は一九五三年に起こった。当時私が学んでいたモッラ・ジャーミー師(15世紀のスーフィ)の書の最初の部分から、私が最もよく知っている部分ばかりを、師は尋ねられた。経済的に困難な状況にある時に、最もよく知っている部分を尋ねられたことで、私は確信したのだ。私たちが紙に書かれたものを読むように、聖人たちも、人の心に浮かぶものを読んでいるのである。これらを物質的な側面から解明することは可能であろうか?

時には紙に包まれたイチジクを持ってこられ、イチジクの数も、そこに座っている人の数もご存知ないのに「皆に三つずつ配りなさい」と言われ、配ってみるとちょうどの数となる。四つずつ配ったのでは不都合なのである。また「そこにあるコップを持って、皆にチャイを配りなさい」と言われ、配ってみるとこれも数がぴったりである。

こういった出来事は一つだけなら、偶然だと言われるだろう。しかし一つの場でこういったことが五十回も起こっているとしたら、もはやそれは「アッラーによって的中させられた」と言われるべきである。アッラーへの近しさに到達した人々は、ある聖なるハディース(ハディース・クドゥスィー)の言葉をかりるなら「アッラーはその見る目、聞く耳、支える手となられる」[iii]のである。これは、到達した段階へのふさわしさに関わるものであり、アッラーのお恵みの一つである。

6.霊媒やヨガは、物質を超越した霊的な経験の力である

特に信仰を持たない世界では、物質を超越した霊的な力は、霊媒やヨガ、降霊術と言った形で見られる。魂の分離、無意識の状態に陥って他の魂と交信すること、未来について知らせをもたらすこと、ものや出来事をいじること、そして彼らの主張するところによると魂を呼び寄せること、火の上を歩くこと、体に串を通すこと、舌を切って再び元に戻すこと、六ヶ月飲み食いせずに過ごすことといったものが、この種のよく知られている出来事である。

魂は、物体の世界、物質の世界から関係を断ち切るに従って、力を得る。この分野での実績は、霊媒やヨガの修行者に限らず、キリスト教神秘主義者や、ユダヤ教の霊魂、さらには仏教や梵天信仰といった教えに従う人々、世界の各地に今でも残る様々な宗派や学派の徒たちにも見られる。私たちは皆、雑誌などでこの種の出来事を目にし、読んできたはずである。この種の現象は、イスラーム神秘主義にもみられるものである。例えば、ルファイーの道義では、ヨガの修行者がやっているように、例えば体に串を刺しても血が出なかったり跡が残らなかったり、手のひらにさらには口の中に置かれた炎がそれらを焼かなかったりといった事がある。当然火が焼いたり、串が痛みを与えたり、血が流されたりという状態もありえるのである。

これら全ては、人がある世界と一体化し、そこで発達していることと結び付けられる。人は、魂との結びつき、言い換えれば、神聖で偉大である力、強さと接触しえた程度に比例して、物質面にも影響を及ぼし、その段階を超えていく。魂はその段階において物質面を影響下、支配下におき、もはや、魂独自の符号を使った言葉として、火は燃やさず、串は血を流させず、痛みも感じられない。六ヶ月飲み食いしなくても空腹を感じない。なぜなら、空間的な拘束だけでなく時間的な拘束ももはや受けていないからである。

魂は、肉体から離れ、トランス状態に至った際、三次元の段階を超越できるのと同様、四次元、五次元の段階をも超越しうる。この状況において、時や空間の奔流はそれにあまり影響を及ぼせない。この時代の物理学者はこのテーマを語る際「私は自らを、あなたの三次元の外にも感じている」と言うのだ。

物質の殻を破り、抜け出てきたこの魂たちと、その世界に特有でその立場にふさわしい動きによって、その透明さに似合ったトーン、それにふさわしい出来事が、奇跡的な、思いがけないような側面と共に現れる。今日よく知られている例のうちいくつかを紹介しよう。

◆ Mesaj de La'という書物が紹介しているところによると、ある霊媒は、六、七人の学者集団の前で、両手を机の上に置くと、向かい側にある机が動き、うろうろし始めたという。

◆ イズミル市のボルノワ町で、あるテントで一人の人物が机の上にある小麦を上に浮かび上がらせる。その場にいた者たちがクルアーンから章句を唱え始めると「舵が取れなくなった。あなた方のうちに悪意を持つ人がいる」と言った。

◆ 一時期アンカラで医師たちの関心を集めたワトソン博士は、催眠術を行ない人々を眠らせ、思いのままに操った。「腕をあげなさい」というと腕をあげ「下ろしなさい」というと下ろしていた。

◆ 「魂と宇宙」という書物で、ベドゥリ・ルフセルマンは以下のように記している。「一人の医者が説明している。『私の妻は病気であった。病が悪化した頃、二つの雲のようなものが家に下りてきて、彼女の枕もとにとどまった。その瞬間彼女自身から別のもう一つの体が現れた。この体は、妻の首もとと、一つのコードのようなもので繋がっていた。そしてそれは絶えずうごめいていた。この情景をちょうど五時間目撃していた。最後にこのコードが切れ、一瞬うろたえたような魂は、それから上のほうに向かって上がっていった。その瞬間、妻はこの世を去った』」

◆ 第一次世界大戦のマディーナ戦線で戦ったオルドゥ出身のフェンニ氏は次のように語っている。「マディーナで、私たちは包囲されていた。イスタンブールのベシクタシュにある私の家と連絡をとることができない状態にあった。ある晩、夢で家に火と煙を見た。私の兵卒たちの中に、時々見えざる世界から知らせを得ることのできる霊能者がいた。私は彼を呼び『トランス状態になって、ベシクタシュの家に行って、そこで見たものを私に説明しなさい』と頼んだ。彼はそれを行ない、目を閉じたままで『今そこにいます。家のドアをノックしました。中から年配の、スカーフで頭を覆って、子供を胸に抱いている年寄りの女性が出てきました』と語り始めた。その女性が私の母であることを私は理解した。彼に『その女性に、何かあったのか尋ねなさい』というと、その返事として、夕べ妻が亡くなったことを告げた」

◆ わが天国がその足元にある、私の母が語ったことがあった。「アッラーと言っては食欲も失い、預言者ムハンマドと言っては一日中涙を流していた義理の母の死の床で、私はちょうど一年間彼女についていた。死の数分前に、『水を用意してください』と彼女は言った。私はそのとおりにした。彼女は礼拝のための清めを行なった。彼女の夫も家にいた。彼は健康そのものであった。女性は若かった頃のように声をあげて笑い、『まだこの世で運をつかんではいなかったようね。この木曜日、私たち二人の死体が家に残されるでしょう』と言った。それから、一本の毛のように枕の上に倒れ、私たちが彼女を寝かせようとしている時、別の部屋から悲鳴が聞こえた。その夫も世を去ったのだった」

◆ ヨガ、すなわち一部のヒンズー教徒が実行し、上演するセレモニーについては、読者も少なくとも我々と同じ程度の知識は持っていることであろう。これはテレビ番組や書籍、新聞、それからさらに人々の間の語り草にまで登場し、あらゆるところで取り上げられてきた。ここでは、ドイツのテレビ局ZDF2チャンネルで放映され、後に本にもなった「TerraX」という名のドキュメント番組からのエピソードを紹介したい。アナウンサーが「最高の痛みを味わい、痛みに対する耐久力を持つ」と説明していたショーは、次のようであった。口から突き出された舌に、上から下に串が刺される。鋭利な刃物で舌が切断され串刺しになっているが、口からも舌からも血が出ていないのが示される。舌はしばらくその状態にされているが、また元のところに戻され舌から串が抜かれる。アナウンサーは驚愕のうちに「科学はまだこれを解明することはできません」と語っている。

私たちムスリムは、14世紀前からこういった多くの出来事を知っていた。預言者ムハンマドの教友ムアッウィズの切断された腕は、輝かしい腕の持ち主であられる御方によって元通りにされ、跡も残らなかった。ウフドの戦い中に、アブー・カターダの目が飛び出してしまったが、それもまた同じ手によって元通りにされた。当然ながらこれらは、驚異の出来事という範囲の境界線上に現れた奇跡なのである。

7.降霊術は、物質を超越した、知られざる、見えざる力とつながりを持とうとする行為である

今日、降霊術のショーは急速に増えてきている。一般の人々でさえ霊と関わろうとし、テーブルの上でコップを動かしたりするのは、普通の若者の家庭ですら見られるようになった。これらの結果として、物質主義は崩壊に直面し、物質主義者たちは物理を超越し、物理の法則を支配するまた別の法則が存在することを信じ始めている。

知識人のレベルにおいて、特に霊的空疎感や、崇拝行為(イバーダ)の欠如からくる精神的渇きを癒そうと望む上流階級において、時間を過ごすために用意されてきたポーカーのパーティーの座を、今日降霊術のショーが占めている。ヨーロッパ、アメリカ、さらにはロシアにおいてさえこうした傾向を示すことから、ある真実が導き出される。この人々は何を求めているのか? 何と関わろうとしているのか? 物質的なものであろうか? そうではないのである。完全に物質を超越した、知られざる、見えざる力、すなわち霊的存在と関係を持とうとしているのである。その方法で、これまで解明できなかった多くの出来事に説明がつけられるだろうと望んでいるのである。楽しみ、興奮を伴うショーで時間を過ごすことの向こうに、物質的なものや物理学では解決できない超常現象的な問題を、自然を超越したところで解くことができるだろうという考えによって、それまでの強情を放棄し、降霊術を家から実験室へ、大学の講堂へと、その場を移させている。ロシアにおけるテレパシーの研究と並んで、イギリスにおいて、医者たちが、潰瘍の治療のために薬ではなく催眠療法によって、精神的メカニズムを稼動させるのだと示唆する方法を採用し始めているということも、このテーマにおいての記録に値する発達といえるだろう。

◆ あるムスリムが語っている。「アンカラで検事をしているある友人と、メヴラーナ(一二〇七~一二七三)の霊を呼んでみた。緑の衣服をまとい、メヴラーナ教団のとんがった帽子をかぶったある人物を、私たち二人共が見た。しかし顔を背けていた。おそらくその場に訪れたのは悪魔で、私たちに顔を見せたくなかったのだろう」

◆ ある心理学者もこのような出来事を目撃し、次のように説明している。

「サムスン市のある家で、降霊術の会に招待された。それを行なうのはその家のまだ幼い娘だった。テーブルの上にコップや文字を並べた。何度も呼んだ後、誰かがやってきたのを我々は知った。訪れた者は、その名前をコップの動きで教えた。ベルマ。幼い娘の手はコップと共に動いていた。私たちは訪問者に、『ムスリムですか』と尋ねた。『いいえ』という返事だった。『どこの人ですか』と尋ねると『メルシンです』と答えた。『ムスリムはいないのですか、来てほしい、話がしたい』と我々は言った。訪問者は去り、今度はテーブルの上に別の名前が記された。アイシェ。彼女に年を尋ねると、『七、八歳』という返事だった。どこの出身かを尋ねると、南部のある都市の名をあげた。どんな本を読んでいるのかを尋ねると、『女性のための導き』と答えた。

それから、そこにいる友人の一人が、祖父の霊を呼んだ。しかし来なかった。何度も呼ぶと、『私はやってきたよ』と答えた。名前を尋ねたが答えなかった。それでも何度もしつこく尋ねていると、『悪魔(シャイターン)』と答えた。私たちは皆驚きのあまり立ちすくんだ。聖アーダム以来の人間の最大の敵を前にして私たちは驚愕し、何をしたらいいのかわからない状態だった。その時私は思いついて、『あなたのことは呼んでいない。なぜ来たのか』と尋ねた。コップによって、『もう来てしまったのだ』と答えた。

『アッラーを信じますか』と尋ねると、『いや』と答えた。『預言者を信じますか』と尋ねると、『信じない』と答えた。『果実の便りという書の第六章を読みましょうか』と尋ねると『読みなさい』と答えた。私は読み始めた。

『工場が稼動し、ランプがある...この場合、これは一人の技術者の存在を示す』と読んでいくと、『そうだ』と答えた。『それならば、この世界という薬局にある木々、草、果実はアッラーを示す』と読みつづけると『違う』と言った。こういう応答を長く続けた。それから、『あなたにジャウシャン[iv]を読みましょうか』と私が言うと、『読みなさい』と答えた。私が読み始めると、コップが娘の指の下でカタカタと動き始めた。私は手をそれに添えたが、私の指から逃れでた。そして次のように書いた。『その騒音をやめてくれ』私は続けた。それは耐えられなくなって、沈黙し、苦しんで去っていった」

そう、多くの人が聞き目撃した、あるいは報道などによって知っている、この種のこれほどに多くの出来事があるのだ。そもそも、物質が破綻し、放棄されていること、魂が物質を支配していることを示すためには、これらの例のうちどれか一つだけで十分であろう。なぜなら部分は全体を導き出す者であるからである。

これまでに取り上げてきた、魂を成熟させることにより、未来に関して魂をもって交信すること、奇跡や驚異、予感、テレパシー、人の心を読むこと、霊能者やヨガ、霊や幽精を呼び寄せることといった出来事について、ムスリムは、魂の力や強さによって、アッラーが許された範囲内で学ぶことができる。これらは、一部の人々にとっては三ヶ月ほど努力することで可能となるものである。しかし、これらを習得することは、宙を飛んだり、幽精と戯れることではない。私たちにとって本質的なものは、アッラーと預言者を知り、愛することである。クルアーンとそこにおける美は、私たちにとって十分なのだ。教えのため、信仰のために奉仕すること、この道において子孫を育成すること、そして私たちの魂を、我々がその候補となっている永遠のために備えること、これらが第一の目的でなければならない。それ以外は、固執して時間を費やすほどのものではないのだ。

[i]訳者注 「ワラーヤ」とはイスラームの神秘思想における段階の一つで、アッラーの近接性、神友性を表す。「ワリー」はこの段階に達した聖人である。聖クルアーンでは「ワリー(アッラーの友)」に関して次の節がある。「見なさい。アッラーの友には本当に恐れもなく、憂いもないであろう。かれらは信仰し、(アッラーを)畏れていた者たち。かれらに対しては現世でも、来世においても吉報がある...」(ユーヌス章10/62~64)

[ii] 1971年と1980年にトルコで行われたクーデター

[iii] ハディース Bukhari, Rikaq 38

[iv] 訳者注 ジャウシャン・カビール(偉大なる鎖帷子)はアッラーの多くの御名と属性を含む貴重なお祈り集である。(http://www.isuramu.com/を参照)

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。