信条

アッラーゆえに人々のため奉仕するという意図を、自己の、あるいは物質的なあらゆる望みより優先させること。人間としてのあらゆる欲求、欲望よりも優先させること、真実を見出してそれを知った以上、私たちが愛する全てのもの、愛着を持っている全てのものを犠牲にできるほどに硬い決意を持っていること。崇高な私たちの意図の名において最も耐え難い出来事にも立ち向かい、将来の世代のために幸福への道を切り拓くこと、物質的・精神的あらゆる快楽から遠ざかり、生きるということを他者の幸福のためのものとすること。『奉仕においては先頭にたって、その報奨を受け取る時には列の後ろで』という考えに基づき、地位や階級の争いや楽をして多くのものを手に入れようとする欲望から遠ざかること。これらは私の存在の、決して断念されることのない意図である。

行動、活動において先頭に立つ人々は、その立場上、彼ら特有の素晴らしい性質、天性を後に続く者たちにも移行させることが出来るのと同様に、不適切な状態や行動によって後に続く者たちをその本質から遠ざけ、彼らを哀れむべき魂、そして西洋の模倣をするだけの状態に陥れることもある。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。