英知の観点から、愛

英知の観点から、愛

愛とは、物質的、精神的な美・善への傾斜である。物質的なものへの愛は物質的、肉体的なものであり、精神的なものへの愛とは魂や良心によるものである。だから外見上の美しさへの愛は、その美しさが永遠ではないために別離の悲しさを伴うものとなる。精神的なものへの愛は永続的であり、別れの悲しさを伴わない。

ある心において愛が真実なのであれば、敵意は形象にすぎず、敵意が真実なのであれば愛は形象にすぎない。」これは多くの問題を解決する、秘められた鍵である。

望まれていた喜びが手に入れられることは、その望みと同様、愛の死ともなる。望みと愛は、探し求める魂たちの翼であり、探し求めている限り彼らと共にある。

医者は、病気の影響をその徴候によって知る。病人はそれを感じ、体感する。このように、愛する者は愛を、激しく愛する者は熱情を、熱愛に我を忘れた者は無我夢中の状態を、知のある者は魂の喜びを知る。(言葉ではなく)あり方によって得られる知とはこのことを言うのだ。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。