• ホーム
  • 彼の作品
  • 人生の指針
  • タウヒードとアッラーへの愛情 (タウヒード=唯一の神アッラーの外には神は存在しないことを信じること)

タウヒードとアッラーへの愛情 (タウヒード=唯一の神アッラーの外には神は存在しないことを信じること)

思っていることが口に出された時、それを口に出した人ではなく、口に出させた存在に注意し、「アッラーがこのように話させられたのだ。」と考えなさい。このような考えかたは、誤りや危険を伴わないものとなる。

望むものをアッラーから求める人は、決して困窮しない。

アッラーを支えとする人はいつも生き生きしている。死んでいなくなったとしても、アッラーとの結びつきによって生き続けていると見なすことができる。

アッラーへの愛情のうち最も素晴らしいものは、一方がアッラーの崇高さへの賛美に、一方がアッラーへの畏怖によって囲まれているものである。

アッラーが、私たちがご自身を愛することができるよう、可能性を与えてくださったことは何と大きな一つの段階だろうか。

「この活力があれば目標は達成されるだろう」と言われた場合、それからまもなくその活力は失われる、ということは数多くの経験によって確実とされる。私たちがなすべきことは、歯を食いしばり必死になって、アッラーへの信頼のもとに努力することである。

その対象が打ちひしがれるよう、あなたが手を出すことがなくても、時期がくればアッラーのお力は必ずそれを罰せられる。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。