過ちを犯した人々のうち最も尊いのは

全ての人は知りつつ、あるいは知らないうちに過ちを犯す。なぜなら過ちを犯すことは人の本質にあるものだからである。だからこのことに関しては、誰も自らのことを信頼するべきではない。倒れたものを蔑視、軽視してはいけない。忘れないで欲しい、過ちを犯した人々のうち最も尊いのは、「アスタグフルッラー、主よ、もう二度と行いません」と言う人々である。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。