真実のしずく 4

アッラーと近しくない人の視界では、いつでも遠さという風が吹いている。

行なった仕事に「私が」という考えを加える人は、その仕事を汚したことになる。

話したことは、心にあるものを顕している度合いに応じて、その価値を得る。

しもべとしての意識を持つ信仰者に与えられる努めは、無限であるお方の前でゼロであることである。自らをゼロとすることのできない者は、決して無限であるお方に至ることができない。

人をアッラーのご満悦へ速く到達させる要因として、神の言葉を伝え広めること以上のものを私は知らない。

崇拝行為は、知られることが尊さをもたらすお方アッラーにのみ知っていただくことに結び付けられるべきである。

要因を尊重しないこともまた、アッラーに対する一種の不遜さである。

誰のしもべにもならないための唯一の手段は、アッラーの忠実で純粋なしもべとなることである。

無遠慮さはアッラーから遠くあることの、真剣さはアッラーに近くあることの最も明白なしるしである。

アッラーよ、私たちに何を、どこで、どうやって話すべきかを教えてください!

アッラーよ!瞬きする間ほどの時間であっても、あなたのお気に召さないようなことと共に私たちを取り残さないでください!

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。