真実のしずく 3

何らかの見返りを期待して行なわれた仕事は、非常に英雄的な形で実現されたとしても、一切なんの未来も約束するものとはならない。

忠実さと安全性は互いにとても近しいものであり、双子として生まれたというにふさわしい。信者が正しく語らないことは奇妙なことだとされ、シャイターンが正しく語ることは驚くべきこととして受け止められてきた。

粗暴な言葉や振舞いは、魂における粗暴さの、外面に反響するがたがた言う音に他ならない。

深さを増そうという意志を携えていないものは、気がつかないままに時と共に浅はかになっていく。

あらゆる徳の悪化の根源は、進歩せずにいることである。

地上では、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)を量る秤をアッラーは創造されなかった。

祝福された人とは、教えを伝える人を意味する。教えを伝える人とは、主張を行なう人のことではなく、行動する人である。

アッラーがそのしもべに与えられた最大の恵みはイフラースである。

犯された罪がどれほど大きなものであろうと、アッラーのご慈悲は常により大きいものである。

知識を糧とする人は、決してイフラースや教えのための努力において嫌気を感じることがない。

アッラーとの確かなつながりを持つことができない人は、人々ともいい関係を持つことができない。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。