若者

ある国の将来を占うには、その国の若者に施されている教育や礼儀作法を分析することによって的確に予測できます。

欲求は例えるなら甘いお菓子のようなものです。一方で美徳はといえば、塩気や酸味のある食事といえましょう。もし選択が若者の自由に委ねられていたら、彼らは何を好んで選ぶでしょうか。私たちはそれには関わりなく、若者たちが美徳の仲間となるように、そして無作法や不道徳の敵となるように育て上げなければなりません。

私たちが教育を通じて手を差し伸べなければ、若者は生まれ育つ環境の奴隷となってしまいます。激しい感情の起伏に突き動かされたり、知識や理性とはかけ離れた状態で当てもなくさ迷い歩くしかないのです。若者たちは教育を通じて、過去の歴史と一体化し未来に向けた知的準備がなされることによってのみ、国の理念や意見を代表できる真に優れた価値ある若者となるのです。

社会をガラスの容器であると考えてみてください。そして社会に所属する若者はその容器に注がれる液体と考えてみてください。液体は容器の形や色を呈することが分かるでしょう。悪質な政治家は、私たちについて来てください、統治の枠組みに従ってください、と若者に呼びかけていますが、一体、己自身の姿を鏡に映して見ているのでしょうか。

一国が発展するか衰退するかは若者たちに授けられた精神や意識、礼儀作法や教育にかかっています。若者をきちんと育て上げた社会は常に発展への道が開けています。一方でそれを怠った社会は一歩前進することさえ不可能です。

若者は、能力や強さ、知性を秘めた苗木です。適切な訓練と教育を受けさえすれば、将来は'英雄'となって、どんな障害も克服し人々の心を啓発して世界に秩序をもたらしてくれるでしょう。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。