感性と感情

感性とは、人の感受性の範疇に入ってくる物事を、外的かつ内的な感覚によって把握することを意味する。この点において、一つもしくはそれ以上のものを同時に把握する人のことを、感受性が鋭い人、と呼ぶのだ。

理性とは脳が、良心とは魂が感じ、理解することである。一つめを「知ること」と定義するなら、二つめは「感性」と呼ぶことが適当であろう。だから、理性が働かず、良心が死んでいる人たちが、存在を感じ実感すること、その中で起こることを知ることは全く考えられないのだ。

英知の観点から感覚とは、魂それ自身の理解のメカニズムである、良心なのだ。この観点から見るなら、感性の欠如している人はある意味で良心をも持たず、良心を持たない人は

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。