結果、結末

結果、結末

始まりのにぎやかさや堂々とした態度ではなく、成果の房のあり方が重要なのだ。

結末を考えることなく決められた仕事は、たいてい、後悔によって締めくくられる。

キツネに鳥かごの番人はさせられない。

明日、あなたに塩や胡椒を飲み込ませる要因となる今日の蜜は、毒よりも苦いものである。

結果によって喜ぶことこそが、本当の意味での喜びである。

害があると思われている多くの事柄は、それがもたらすものを鑑みるなら有益であり得る。有益だと思われているものも、有害であり得る。

いっぱいになって苦しむことの最後の点は、それを吐き出し楽になることの始まりである。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。