春のうた

季節はめぐり、気がつくと春、
薔薇のつぼみが開き、ナイチンゲールがさえずり、あたり一面チューリップの花園。

かぐわしい香りで息づく色とりどりの花々、
暖かさに誘われめぐりまわる鳥や虫たち・・・

木々は空へと聳え立ち、風たちは木々を抱擁しながら通りすぎ、
風たちの旋律にあわせ、万物は踊りとびまわる。

死さえ希望で微笑むこの場所で、
春は天国の周りの透き通るような薄いカーテン。

このカーテンをくぐりぬけ魂は永遠(なるもの)と結ばれ、
この地で人は全霊、来世のものとなる。

このうえなくけわしくみえても、道々はかの地へと、
天国へ飛び去っていく魂たちは高く高くより高く・・・

地平線が狭められ、世界が人を閉めつけたとしても、
限り無い広さをイーマーン(信じる心)は人に与える、

永遠の安らぎを求める者はこの地でそれを見出し、
ただ信じる心と共に戻ったたましいはその安らぎを知る・・・

清らかな酒(注1)で夢うつつのまなざしは、
春を眺め、春を感じ、天国を歩きまわる。

朽ち果てる時、これらは種子として去り逝き、
そして、かの地で春には、一粒一粒よみがえる・・・

(注1:クルアーン47章15節、76章21節、83章25節に天国の酒についての節があります。)

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。