真実のしずく 11

わが主よ!知られた人間になることではなく、知られることはなくてもあなたのことをよく知った人間になることを私は望んでいます。

人々が書物を必要としているように、書物もまたそれらをよく体現する人々を必要としている。

要因は、それによって求められる目標の尊さに応じて、その価値を得る。

どのような仕事においても、ほんのわずかであってもそこにまがいものである何かが混入することを許してはいけない。

私たちの異なる点は、違うという思い込みをしないことにあるのだ。

シャイターンの人間に対する最大の欺きは、その存在を忘れさせることである。

聞き手に対しては、多くの事柄を説明する人々以上に、正しく生きる人々がより影響を及ぼす。

自己中心主義の父はシャイターンである。人は自己中心主義の大きさに準じる形でシャイターンに近く、アッラーからは遠い。

ほんのひとかけらの嘘であれ、それによって教えのために奉仕を行なうことはできない。

人は、自らの自我を尋問する際には-失望しないことを条件として-自らを激しく問い詰めなければならない。しかし他者についてはいつでも肯定的に考えるべきである。

人はいつでもその崇拝行為やしもべとしての服従において活気づいていることはできないかもしれないが、重要なのは常に活気づいていようと、それを鮮やかに感じていようと務めることである。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。