真実のしずく 2

いくつかの問題においては騙されることの方を、他者に害を及ぼすことよりも優先しなければならない。

偽信者の施しは、生気のない微笑である。

信者は賞賛されることを罵られることのように見なすべきである。

よい忍耐とは、苦しんでいる時にアッラーに心のうちを訴えることである。

誰にそれがあったとしても、わずかな誠実さが一つの成功の要因となることはある。

解釈や歪曲への最も秘められた声明は沈黙である。

少量を食べ、短時間眠ることは完成された人となるために放棄されることのできない道である。

一度嘘をついた人はいつでも嘘をつき得る。一度悪口を言った人も、また。

本質的な自由とは、アッラーのしもべであることである。

アッラーのご承認を求めること、そしてその御名を世界のあらゆる場所に伝えることにおいては、貪欲でなければならない。

アッラーを知らないこととは、全く何も知らないことを意味する。

わざと一匹のアリをつぶす人は、自らの身に何かが起こるかもしれないと恐れるべきである。

自らの不足を見ることができない人は、自分の過ちを償うことも決してできない。

Pin It
  • に作成されました。
Copyright © 2020 M. F.ギュレンのウェブサイト. All Rights Reserved.
fgulen.comはギューレンGülen、有名なトルコの学者との知的で公式のソースです。